猫ギターの教育論

尾道市向島の塾「US塾」塾長のブログ 早稲田大学・開成高校出身 本音が飛び交う、少し「上から目線」の教育論
kasami88★gmail.com
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
twitter
猫ギター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
わが家の3匹の猫
0


     

    わが家の3匹の猫である。

    一番右は母猫ピッピ。目が開くか開かないかの状態の子猫のときに拾ってきたのが2006年の5月。わが家の娘になってから3年半になる。

    竹久夢二の絵に出てきそうな純日本風の風格があり、女優にたとえたら亡き太地喜和子のような吊りあがった目をしていて、雌猫の色気がある。誰もが雌猫だと第一印象で見分けられるような女の妖気を放っている。そんなピッピを僕は本名ではなく「ママ」と呼んでいる。

     

    一番左がチッチ、真ん中がキッキ。どちらもピッピの娘で2007年の7月に産まれた。

    左端の目がクリクリしたチッチは、生後8ヶ月くらいで避妊手術をしたからなのか、子猫のまま大きくなった。私が塾から帰ると廊下に飛び出してきて、腹を見せてくねくねし、愛想を精一杯振りまく。

     

    チッチが可愛らしいので、僕は1日に5分ぐらいマッサージをしてやる。本屋で猫のマッサージの本を立ち読みして、マッサージのつぼを学び、チッチに丁寧に施術している。チッチはゴロゴロいいながら、目を閉じて気持ちよさそうにトロンとした身体で、なすがままにマッサージされている。

    足裏マッサージも好きだ。肉球を揉んでやると、恍惚とした表情になり、身体が柔らかくなる。猫に足裏マッサージが効くとは思わなかった。

     

    チッチは賢い猫だ。話しかけたら70%ぐらいの確率で返事をする。

    「チッチはかわいいねえ。人間だったら奥さんにするよ」「ニャー」

    「チッチはかわいいから食べてあげる」「ニャー」

    チッチは人間の言葉がわかるのかもしれない。私の台詞の意味をきちんと解し、利発に反応する。

     

    とにかくチッチは飼い主の僕が驚くほど頭が良い猫だ。

    驚くべきことに、チッチに「Hello!」とあいさつすると、きちんと「ニャー」と返事をする。チッチは英語がわかるのだろうか。

    ためしに「ボンジュール」と話しかけても「ニャー」、「ニーハオ」でも「ニャー」、また「アンニョンハセヨ」でも「ニャー」とかわいい声でお返事してくれる。フランス語や中国語や韓国語が理解できる、マルチリンガルの極めて知能指数の高い猫だ。

     

    問題はキッキである。顔が不細工で愛嬌がなくデブなので「ブー子」と呼ばれている。

    うちの猫は室内飼いである。母猫ピッピも生まれたときから外に一切出さない方針を貫いてきた。

    ところが発情期になり、ピッピはトイレの窓から外に出た。家の回りでフラフラしていて、捕まえようと思っても捕まらない。そしてそのとき、汚らしい野良の雄猫と一緒だった。

    その日のうちにピッピは家に帰ってきたのだが、汚い雄猫と不貞行為を働き、腹がみるみるうちに膨れ、子猫を生んだという経緯である。

     

    娘のキッキは、父親の薄汚い猫にそっくりなのだ。まるで西川きよしと西川かの子のように似ている。父親は野良猫で痩せていて、いまでもわが家の周りをうろつきまわり、僕から「パパ」と呼ばれている。そんな汚らしい父親の娘キッキは林真理子・林真須美のように太っている。

     

    キッキの表情は無愛想で声は「ウニャー」と女の子なのにドラ声で声変わりしている。

    ブー子はふだんは動作が緩慢だが、キャットフードの袋の音を聞くやいなや、イノシシのように突進してくる。最初から最後まで餌の皿にかじりついている。

    またブー子は夜中になると、僕の布団の中に夜這いしてくる。深夜パソコンをいじっていると、画面の前で存在感をアピールして邪魔をし、早く寝ようとせがむ。最近は毎日ブー子と寝るのだが、ブー子は体積が大きいので、冬はぬいぐるみのように抱きごたえがあり温い。

     

    うちの三人娘の構成、どこかで見たような感じがしていたのだが、「欽どこ」のわらべ三姉妹に似ている。

     

    チッチは賢い「かなえ」倉沢淳美。一番清純そうで、若い男性ファンから一番人気があった。ただ、チッチは振り向けばそこにいるようなふつうの女の子ではなく、外国語を操れる賢い猫だという点が違う。

    ブー子は太っているのでもちろん「たまえ」。ただあんな愛嬌はないが、ボヨンボヨンした容姿はそっくりだ。

    ママのピッピは「のぞみ」高部知子。顔も吊り目のところが似ているし、強いフェロモンが漂い、怪しいニャンニャン行為をするところも同じだ。

     

    ピッピ・チッチ・キッキ、のぞみ・かなえ・たまえ。

    僕はさしずめ見栄晴なのだろうか?

     

     

     

     

     

    ★開成塾
    尾道市向島の「24時間コンビニ塾」

     

     

     

     

     

     

     

    | わが家の猫 | 22:21 | - | - | ↑PAGE TOP
    「クロネコヤマト」みたいな猫ピッピ
    0


      赤虎先生、ヒカリ先生、お祝いのお言葉、有難うございました。

      ところでピッピの出産の話の続き・・・

      出産時、母猫ピッピは、自分の身体に何が起きたのか理解できなかったろう。
      人間の女性は妊娠した時、腹を痛めた末に赤ちゃんが誕生することを知っている。ゴールがハッキリした苦痛である。
      でもピッピは激痛の先に待ち受ける事態を知らない。猫にとって出産とは、予期しない展開が次から次へと降りかかってくる、一種のパニック状態なのだろうか。

      ピッピの頭には子供とか、妊娠とか、生命とか、出産とか、そんな知識はたぶんない。ただわけのわからないまま、腹の中から大きな物体が出る苦悶の時を過ごすのみだ。

      苦闘の末、5匹の異物がピッピの体内から出てきた。ピッピは5つの物体を、腹に激痛を与えた邪魔者としては扱わなかった。5匹の赤ちゃん猫のために、身体を横たえ母乳を与えた。そして一匹ずつ平等に、わけへだてなく赤ちゃん猫をなめた。
      腹を痛めた異物体は、生まれ落ちた瞬間から母猫の愛情と保護の対象になった。

      生まれたての赤ちゃんは、ネズミみたいに不気味だが可愛い。ピッピと子猫の部屋は2階の段ボールなのだが、私は子猫を5匹ともピッピから離し、1階の台所に移して、いじって遊んだ。

      目がまだ開いていない、耳が垂れ下がったままの、携帯電話ほどの大きさしかないコンニャクみたいな固さの子猫たちは、身体の割に大きな声でビャービャー泣いた。

      すると、子猫の泣き声を聞きつけたママのピッピが、不安そうな顔で私の方を見て「ニャー」と泣いた。ネコ語が理解できない私にも、表情と声のトーンから、ピッピが子猫を返してくれと嘆願しているのがわかった。

      私は台所の廊下に5匹の子猫を置いた。すぐさまピッピは子猫の首を口でくわえた。子猫が痛がらないように、くわえる場所を慎重に選んで、コントロール良くひょいっと一瞬のうちに口で持ち上げた。ピッピは1匹子猫をくわえると、トコトコ階段を上がり子猫を段ボールに運んだ。



      1匹運び終わるとまた1階に戻ってきて、1階と2階を5往復、5匹とも段ボールに無事運んだ。運んだあとは段ボールの中で、安堵したように子猫の毛づくろいをし、母乳を与えた。

      ピッピが子猫を運ぶ姿は、「クロネコヤマト」のロゴそのままの姿だった。



      JUGEMテーマ:ペット


      | わが家の猫 | 21:17 | - | - | ↑PAGE TOP
      猫ピッピの出産
      0


        ピッピの出産の日が来た。

        腹をミジンコのように膨らませた猫のピッピが、落ち着きなく室内を徘徊していた。何か探し物をしているかのようではあるし、不安で駆けずり回っているようにも見えた。猫の出産に立ち会ったことのない私でも、ピッピが出産間近であることがわかった。

        夜の1時頃、ピッピは私の顔を見て「ニャー、ニャー」と不安を訴えかけてきた。赤ちゃんが腹の中から出たいというシグナルを発し、強い体調変化を感じたのだろう。

        ピッピは、これから自分の腹の中から赤ちゃんが出てくることなんか、たぶん知らない。
        人間なら哺乳類のメスの腹が膨れたら、腹の中には赤ちゃんが存在するという予備知識を持っているが、猫のピッピには、腹が膨れる身体の変化が何を意味しているのか、これから自分の身に何が起こるのか予知できず、精神的な恐怖でいっぱいなのだろう。

        私はピッピを膝に乗せ、「これから子供を産むんだよ。大丈夫」と声をかけながら、背中をさすってあげた。ピッピのパパになった気がした。ピッピは私に撫でられ少し落ち着いたらしく、目がトロンとしてきた。

        ピッピは私の顔を見上げると、出産の覚悟を決めたのか、隣の部屋にゆっくり歩いていった。部屋をのぞくと、ピッピは本棚と押入れの間の狭苦しい空間で、鼻息を心持ち荒くしながら横たわっていた。すでにピッピは、私への甘えや依存を捨てた厳しい顔をしていた。

        私は出産に立ち会おうと徹夜を覚悟したが、布団に入ると睡魔には勝てず、そのままピッピを置いて寝てしまった。無責任なパパである。

        朝起きると7時だった。廊下に出るとピッピが悠然と歩いていた。
        ピッピの腹は昨日までのミジンコ状態とは違い、ペコンとへこんでいた。へこんで身軽になった腹はゴムみたいに垂れていた。ピッピの白い体毛には少し血液が付着していて、廊下や階段にも血の跡があった。

        子猫が生まれたのだ。

        昨日ピッピが寝そべっていた、押入れの前の狭い空間を見た。5匹の猫の赤ちゃんが、顕微鏡の中の得体の知れない微生物のように、モゾモゾ動いていた。赤ちゃん猫と畳の擦れ合う音がかすかにした。

        ピッピは赤ちゃんを1匹ずつ丁寧に舐めた。ピッピが寝そべると、赤ちゃんは5匹全員がママのピンクの乳首に食らい付いた。
        ピッピは私が寝ている間に、出産のすべての行程を、きちんと自分ひとりでやり通したのだ。






        JUGEMテーマ:ペット


        | わが家の猫 | 22:38 | - | - | ↑PAGE TOP