猫ギターの教育論

尾道市向島の塾「US塾」塾長のブログ 早稲田大学・開成高校出身 本音が飛び交う、少し「上から目線」の教育論
kasami88★gmail.com
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
twitter
猫ギター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< むかし、学校は楽しかった | main | 恐るべし、ハム太郎さん >>
映画「フラガール」
0
    あす10月6日土曜日、映画「フラガール」が放映される。ズバリ名作です。

    「フラガール」のあらすじを紹介すると

    昭和40年、エネルギー革命で石炭から石油に需要がシフトし、福岡県いわき市の常磐炭田も例外ではなかった。
    そんな斜陽化する炭鉱を活性化し雇用を作るため、地元企業は温泉レジャー施設「常磐ハワイアンセンター」の計画を進めていた。

    「常磐ハワイアンセンター」の最大の見世物はフラダンスのショーで、ダンサーはハワイから呼ぶのではなく、地元の娘たちにフラダンスを訓練させる方針を取った。
    そこで、本場ハワイでフラダンスを学び松竹歌劇団で踊っていた先生を招き、地元の娘たちのダンス特訓を始める。

    しかし地元の住民は、炭鉱を閉山してハワイアンセンターを作る計画に猛反対する。フラダンスを訓練する娘たちへの風当たりも強い。
    だが、先生の必死の指導と、娘たちの頑張りで、周囲の大人たちもフラダンスに理解を示し始める・・・

    主要キャストはフラダンスの先生に松雪泰子、ダンス訓練生に蒼井優、蒼井優の母親が富司純子、兄が豊川悦司、常磐ハワイアンセンター建設を計画する社長が岸部一徳。


    というものだ。

    ところで最近「ウォーター・ボーイズ」や「スウィング・ガールズ」みたいな、部活スポ根モノ映画が面白い。日本映画の観客動員を引っ張っている。
    「ウォーター・ボーイズ」や「スウィング・ガールズ」は、目標がなくただカッタルイ生活を送っている普通の高校生が、たまたまシンクロナイズドスイミングやジャズに出会って、頑張ることの快楽に目覚め、目標に向けて突き進んでいくというストーリーだ。

    「フラガール」もその延長線上にある話だが、「ウォーター・ボーイズ」や「スウィング・ガールズ」が、現代っ子のあっけらかんとした若者たちなのに対して、「フラガール」の少女達は、炭鉱が閉山され経済的に困窮した中で、生きる道を探さなければならない切迫感がある。

    昭和40年の炭鉱という時代設定が、物語に影を与え重層感を出している。

    さてこの「フラガール」という映画、ダンサー役の蒼井優が抜群にいい。「凛」という言葉がこれほど似合う女優はいない。
    蒼井優は顔の表情と、踊る時の身体のラインで、内面のニュアンスの複雑さをキチンと表現できる、精密な演技をする俳優である。
    「フラガール」を見て一言感想をと聞かれたら、私は躊躇なく「蒼井優が素晴らしかった」と答えるだろう。

    蒼井優は「純粋」と「したたかさ」の両極端を行ったり来たりできる女優であり、可愛らしいが雌猫のような生命力がある、男を手玉に取る京都の舞妓さんの役でも演じさせたら最高だろう。
    長澤まさみといい沢尻エリカといい上野樹里といい、もしかしたらいまの日本映画界は女優大豊作の時代なのかもしれない。

    それから豊川悦司と岸部一徳の両変人俳優が、めずらしく普通の人を演じている。
    豊川悦司は蒼井優の兄役だが、最後まで妹をやさしく見守り、突然狂人になったりしない。
    また岸部一徳は常磐ハワイアンセンター建設を計画し、フラダンサーを励まし続ける懐の深い社長役である。
    私は「フラガール」を見る前、フジテレビのドラマ「医龍」で岸部一徳が、権力闘争の虜になっている医学部教授の役を、陰険かつ憎々しげに演じるのを見ていただけに、「フラガール」で岸部一徳がいつ悪人に変貌するのかヒヤヒヤした。

    お母さん役、富司純子の演技も特筆ものだ。
    富司純子は山手育ちの上流階級の奥様役が定番で、絶対に下町には降りてこない役柄ばかりやっていたが、しかし今回は下町を飛び越え、茨城県の炭鉱のオバサン役を演じている。
    富司純子はダンスに偏見を持つ「女は黙って家を守れ」みたいな保守的な考え方の持ち主で、ダンサーになりたい娘蒼井優と大喧嘩し、蒼井優は母親に愛想つかして家を飛び出してしまう。

    富司純子の少し下品で頑迷な炭鉱のオバサン役は、「いつも上品な役ばかりやってますから、少しイメチェンしてみました」というレベルではなく、しっかり強い庶民になりきっている。
    最初見たとき富司純子だとわからなかったくらいだ。

    そういえば富司純子はもともと「緋牡丹お竜」で一世風靡した女優ではないか! 炭鉱のオバサンどころか、女侠客スターとして東映の看板背負っていた人だからね。

    あ、それからもちろん主演のフラダンスの先生役松雪泰子もいい。
    私が一番感情移入したのは、松雪泰子に対してである。
    | 映画テレビ | 21:26 | - | - | ↑PAGE TOP