猫ギターの教育論

尾道市向島の塾「US塾」塾長のブログ 早稲田大学・開成高校出身 本音が飛び交う、少し「上から目線」の教育論
kasami88★gmail.com
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
twitter
猫ギター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< センター現代文に「自分探し」は禁物 | main | 塾のおかしな費用を「仕分ける」 >>
不況下の高校受験の厳しさ
0

    日本は不景気で疲弊している。とくに地方の痛みは激しい。農業・漁業は高齢化が進み、工業は中国の経済発展に屈し、商業・サービス業は東京や大阪などの華やかな都会に太刀打ちできない。

    地方は人材の枯渇も激しく、純粋で真っ直ぐな性格の、学力・能力が高くヴァイタリティのある若者は都会にどんどん出て行く。「こいつはすごい!」という教え子は、みんな尾道・向島から去ってしまう。地方から活力が消え、無気力で退廃的な気分だけが残る。

    当然、不景気は高校受験に大きな状況変化をもたらす。
    尾道の高校受験も、例に漏れず不況の影響をもろにかぶっている。不況と公立高校の授業料無料化で、尾道北高・東高など公立高校の入試は未曾有の狭き門になるだろう。私立高校の定員割れが進むのに対し、公立高校の倍率は大幅に高くなるのは素人分析でも明白だ。


    中学生の意識も変わった。たとえば尾道北高は厳しい高校なのに、不況の中、厳しく鍛えられることを求めて志願者が増えている。「高校生活をエンジョイしたい」という動機で高校を選ぶ中学生は減った。
    中学生は教育機関に「真剣さ」を求めている。そして自らも真剣になっている。例年と同じ意識で高校受験を戦っていては合格発表の日に痛い思いをすることがよくわかっている。もはや広島県公立入試は総合選抜時代の甘い世界ではない。


    とにかく中学生が将来、疲弊した地方に残るか、都会に出る足場を固めるかは、高校受験の結果にかかっている。だからこそ、塾の講師も生徒も覚悟を決めている。
    受験に勝つには強いエネルギーが必要だ。エネルギーを外に放出するタイプ、内に秘めるタイプ、それは人それぞれだが、ガツンとした熱量が合格を左右する。受験は戦争だ。戦う意欲を忘れた塾や受験生は淘汰される。静かな闘志が充満した凛とした空間でこそ、子供は持って生まれた素質を磨き上げる。


    何度も繰り返すが、地方の状況は厳しい。良い将来像が思い浮かばない。デフレは徐々に経済大国日本の生活水準を奪っていく。

    そんな絶望的なデフレの中、うちの塾は高い授業料をいただいている。月謝の額は、大学受験は文型3教科で13,000円、高校受験・中学受験は18,000円。不景気で高額の授業料を捻出するのは家計には痛かろう。それでもわが塾を信じて高い授業料を出して下さっている方の信頼にこたえねばならない。


    また「親に迷惑をかけたくない」と塾の費用を気にしながら、でも先生の塾には通いたいと言ってくれる殊勝な高校生もいる。彼のためには腹をくくらねばならない。数千倍にして返してやらなければならない。


    こんな言い方をするのは気が引けるが、不景気は子供を強くするのも事実だ。親がリストラで仕事を失い、家庭内に社会の寒風が入り込み、大人の厳しい世界の波が押し寄せれば、もはや子供は子供ではいられない。両親の苦境を救うのは自分しかいない。現状を打破する唯一の突破口は学問しかないのだ。

    明治維新後没落した武士の子弟は、親の不遇の身を嘆き、かつての恵まれた地位を学問で挽回しようとした。そのときと同じように、キリリとした目で勉学に励む若者が増えつつある気がするのは私だけだろうか?


    どんな若者が最も強くなれるか。偉人になる可能性が高いか。それは生まれた時は家庭円満で経済的に豊かだが、就学時に家が傾き苦境に立つ、そんな経験をした若者である。幼少期の幸福と、青年期の困難をともに肌で知っている。苦境続きの若者は幸福の甘さを夢想できず、逆に満ち足りた若者は零落の苦さを想像すらできない。不自由のない生活から一転して叩き潰された経験のある若者こそが、最終的な勝者になる。


    とにかく不況の中、子供は依存を捨て自立する気概を持たざるを得ない。親の依存から離れるどころか、親を両肩に背負う若者も現れるだろう。「家貧しくして孝子出づ」という格言が、いまのご時勢だからこそ生きてくる。

    わが塾は、例年より真剣味が増している。これも不況のせいか。わが塾が学問で這い上がる野心を持つ若者の受け皿にならなければと思う。腹をくくらねばならない。

    | 高校受験 | 23:58 | - | - | ↑PAGE TOP