猫ギターの教育論

尾道市向島の塾「US塾」塾長のブログ 早稲田大学・開成高校出身 本音が飛び交う、少し「上から目線」の教育論
kasami88★gmail.com
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
twitter
猫ギター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 高校部の猛烈な「自習室」 | main | 携帯電話は女子中高生を化け猫に変える >>
わが塾の高校受験・合格体験記
0
    4月6日に、春最後の広告を出すので、尾道北高に合格した男の子2人に、合格体験記を書いてもらった。

     

    まずは一般入試で合格した、やんちゃキャラのスグル君。

    中学校の先生にあれこれ余計なちょっかいを出し、内申点は正直あまり良くない。学生服の第一ボタンは必ず開いている。修学旅行の沖縄でも、他校の生徒に眼を飛ばしたらしい。そんなわけで、私は彼に「部活の鬼顧問」として接した。

     

    ただ、彼は体育会系のスッキリした素直な性格で、独特のかわいげがあるいいヤツだ。そんなスグル君は、こんな合格体験記を書いてくれた。

     

    ---------------------------------------

    「このままでは、北高に合格する確率は消費税と同じ5%以下です」
    中3の12月にあった三者懇談で、僕は先生にはっきりと言われた。

    だが、ここから頑張れば受かるといわれたので、毎日自習室に行くようになった。


    塾に行くたびに、先生に一言もらい、成績があまり伸びない時期には、具体的なアドバイスをくれて、全面的にサポートしてくれた。

    塾の自習室に毎日行っているうちに、乾いたスポンジが水をどんどん吸収するように力がつくのが実感できるようになった。


    そしてついに高校入試の日が来た。先生から気合のビンタをもらい実力を発揮することができた。

    合格発表の日は、結果が出たらすぐさま先生に電話した。北高に合格できたのも先生がいろいろサポートしてくれたからである。

    北高に入ったら大学受験があるけど、ずっと先生についていってがんばりたいと思う。

    ---------------------------------------

     

    情の「熱さ」がほとばしる文章である。泣かせ所を心得た、素晴らしい合格体験記だ。「このままでは、北高に合格する確率は消費税と同じ5%以下です」という衝撃的な書き出しの文章構成も見事だ。

     

    高校生になったら、スグル君は野球部に入る。練習で厳しく鍛えられるだろう。ぜひ尾道北高を甲子園に連れてってほしい。

    また塾では、鬼塾長から容赦なく気合が入れられるだろう。彼に期待しているぶん、指導が厳しくなる。

    とにかくスグル君には「文武両道」の最高の形を、高校3年間で見せてほしい。ヤンチャな部分を残したまま、小さくまとまらず、デカイ人間に育ってほしい。
    政治家にでもなって、ドカンと生きてほしい。

     

     

    次はコタロウ君。彼は紳士だ。怒り屋の私だが、いままで彼を叱ったことがない。叱る隙が全くないのだ。

    髪型は坊ちゃん刈りで、真面目を絵に描いたような男だ。詰襟の学生服のホックはきちんと閉められ、いつも笑顔を絶やさない。一昔前の、中学生用の学習雑誌の表紙を飾りそうなルックスである。


    彼の家にはゲーム機がないという。そんなコタロウ君のご両親の教育方針に、私は強い敬意を抱いている。


    コタロウ君は、当然のように推薦で尾道北高に合格した。

     

    ---------------------------------------
    僕は受験勉強を意識したことはありません。それは塾にはいつも凛としていて、受験のような緊張感が漂っているからです。

    僕は試験の二ヶ月ほど前から前から小論文の練習を本格的に始めました。
    家で書いた文章を先生に提出し、先生が一人一人の文章をみんなの前で読みます。その一つ一つを先生が採点し、丁寧に添削して下さいます。
    文は書き出しで決まることや、接続詞に気を付けること、「思う」という語尾はできるだけ使わないほうが良いことなど、先生が繰り返し言われたことは大切だと感じました。先生が言われたことを忘れないように、僕は家に帰って再び文章を書きました。

    開成塾は自習室がいつでも開放されていることも大きな特徴です。僕は決まった塾の時間よりも自習室で勉強した時間の方が長いといっても過言ではないと思います。
    特に定期テスト前は、自習室に入り浸っていました。普段の学習が入試に向けての勉強になっていたようです。僕の場合内申点を稼ぐことにつながりました。

    入試では落ち着いて小論文を書くことができ、北高に選抜気嚢膤覆垢襪海箸できました。開成塾の小論文対策は、どこの塾にも負けません。

    ---------------------------------------

     

    テーマを小論文と自習室にまとめ、コンパクトにまとめた文章力はさすがである。しかも彼は私が書いた広告のチラシを熟読し、私の教育方針を正しく解釈し、その延長線上で合格体験記を書いてくれた。卓越した読解力と表現力がなければ、こういう文章は書けない。

     

    彼には旧帝大か早慶に行って、サッカー選手として活躍し、将来はJリーグのチェアマンか、日本サッカー協会会長になってもらいたい。



    ●開成塾・高校受験
    尾道市向島・真直ぐな性格の子が集まる塾


    | 高校受験 | 11:05 | - | - | ↑PAGE TOP