猫ギターの教育論

尾道市向島の塾「US塾」塾長のブログ 早稲田大学・開成高校出身 本音が飛び交う、少し「上から目線」の教育論
kasami88★gmail.com
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
twitter
猫ギター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 試験に不合格になった時の母親の声がけNG集 | main | 現代文嫌いほど参考書を読めないジレンマ >>
先生はどうして授業が下手なんですか?
0

    先生「今日の数学の授業はこれで終わります。何か質問ある人?」

    生徒「一つ質問があります」

    先生「どうぞ」

    生徒「どうして先生の授業は下手なんですか?」

    先生「えっ?」

    生徒「僕予備校行ってますが、予備校の先生の授業の方がわかりやすいです」

    先生「そういうことは、ここでは言うべきではないよ」

    生徒「でも、質問しろとおっしゃったのは先生の方です。だから質問したんです。いけませんか」

    先生「ここでは数学の質問すべきだろうが?」

    生徒「数学の質問なら、他の先生にします。あなたの授業つまらないんで、質問に答えられる能力があるか怪しいんです」

    先生「失礼な言い方だな」

    生徒「申し訳ありません。でも先生ご存知ですか? 先生の授業がつまらなくてわかりづらいから、周辺の塾や予備校が儲かっているのを。先生の授業力が、生徒に塾通いさせ、家計を圧迫していることを」

    先生「・・・」

    生徒「先生、もう一度たずねます。どうして先生の授業下手なんですか?」

    先生「そんなに俺の授業下手か?」

    生徒「もちろん高校の授業に、予備校のクオリティを求めるのは野暮です。でも先生の数学は、参考書見ても書いてあることばかりです。だって一つの問題の解法にしても、予備校の先生なら3つ4つのパターンを教えてくれます。登山でいうなら登山口が複数あるようなものです。でも先生の解法はたった一つ、典型的な解き型ばかり。もっといろんな解き方教えてほしいんですよ」

    先生「時間の制約があるだろう」

    生徒「じゃあ、予備校の先生だって時間の制約がありますよ。予備校は週1回1時間半。あなたの授業は週5回5時間。あなたの持ち時間の方が3倍以上長い」

    先生「だって予備校はできる生徒だけが相手だろ?」

    生徒「じゃああなたは誰を対象に授業してるんですか? できる生徒を退屈させ、できない生徒に疎外感を感じさせ、商品価値がゼロです」

    先生「商品って、授業というのは商品じゃないだろ」

    生徒「商品価値がない授業する人ほど、そういって開き直りますよね。ではあなたは授業研究してますか? 大学入試問題の研究してますか?」

    先生「一応している」

    生徒「一応って、その答え方がダメなんですよ。あなた生徒が一応勉強していますと言ったら怒りますよね。一応っていのは適当と同義語じゃありませんか? あなたはおとなしい何も文句言わない生徒相手に授業してきた。だから自己満足に堕ちやすい。自分に甘くて他人に厳しい人格が出来上がるんですよ」

    先生「お前、どうして俺につっかかるんだ、何かあったのか?」

    生徒「何もないです。ただあなたが何か質問がある人ってお尋ねになるから質問しただけです。先生、答えて下さい。どうして授業が下手なんですか?」

    先生「なあ、他の生徒もいるし、別室で一対一で話し合わないか? 俺は教員室で待ってるぞ」

    生徒「先生逃げるんですか? 質問に答えず去るやり方は、ベッキーの記者会見といっしょじゃないですか」

     

    (つづく)

     

     

    | こんな生徒は嫌だ | 14:01 | - | - | ↑PAGE TOP