猫ギターの教育論

尾道市向島の塾「US塾」塾長のブログ 早稲田大学・開成高校出身 本音が飛び交う、少し「上から目線」の教育論
kasami88★gmail.com
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
twitter
猫ギター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 西きょうじ『英文読解入門 基本はここだ!』 | main | ロサンゼルスで偶然テレビに映った話 >>
志望校は学校・塾の先生どっちに相談すべき?
0

    志望校は学校の先生が決めるか、塾の先生が決めるか、どちらがいいか対決を考えたが、よく考えればこんな問い自体が間違っている。

    志望校は先生でもない、親でもない、自分自身が決めるものだ。

     

    だって結婚相手を先生が決めるか、両親が決めるか、親戚が決めるか、上司が決めるかという問いはナンセンスじゃないか。

    封建制度のなごりが残っていた時代ならともかく、結婚相手は本人どうしが決めるのが当然である。

    志望校は自分自身の意思で決めないと後悔する。

     

    ただし、最終決定は自分がするが、大人とはよく相談しなければならない。

    受験生は志望校を攻略する大名であり、先生や両親は情報強者で経験値の高い家老や参謀である。

     

    学校の先生を参謀につけた場合。

    学校の先生でも、地方の公立いわゆる「自称進学校」の先生は、進路指導で「現役国公立合格」に執着しがちなのは周知の事実だ。

    センター試験で思うような点数が取れなかった場合、三者面談で、聞いたこともないような遠隔地の公立大学を勧める。「自称進学校」の先生は、生徒を何が何でも、どういう手段を使っても国公立に行かせようとする。安全志向だけでなく、なにか深い事情でもあるのではないかと勘繰りたくなるくらい、国公立にこだわる。

    君が確実に合格できるのは延岡市立大学とか留萌工業大学とか(延岡や留萌の方には失礼だが)、島流しや都落ちを連想する大学名を出し、「大学へ行ってからが勝負だから」という言葉で納得させる。苦手教科の数学を捨てれば都会の私立大が射程圏内の生徒に対してでも、国公立をしつこいセールスマンのように勧める。

    大学を決める進路指導は、就活も視野に入れて行わなければならない。大学は偏差値データだけでなく会社四季報も頭に入れて決める必要がある。

    だが学校の先生は教育学部で教職をめざした方が多いため就活事情をあまりご存知ない。地方で就職するならいいが、特に文系学部で中央を狙うなら地方は不利だ。一つの資格めざして学業に邁進した学生、長期留学した学生、厳しい体育会系部活で頑張った学生、天性の感じ良さや目立った個性を持った学生なら別だが、就活事情が進路指導決定の要素から完全に抜けている。

     

    塾の先生はどうか?

    塾の先生に相談する時、気をつけなければならないのは、塾講師のバックボーンである。塾講師はいろんな職業から流れついてきた人が多いので、考え方が各自異なる。極端に異なる。

    私が言うのも何だが、塾講師は出自が怪しい。就活でうまくいかなかった人や、企業に就職したが人間関係でうまくいかず退職した人や、ポスドクで食っていけず流れ着いた人や、自由孤独を気取る人や社会主義者など、さまざまな経歴を得ている。反社会的だったり、社会のことを知らなかったり、就活というシステムに敵意を抱いていたり、就活に無知だったりする。相談相手としては偏りすぎている。

    あと、個人塾講師は大企業とか公務員に潜在的コンプレックス抱いている人が多いから、教え子が有名企業や高級公務員になると度を越えて喜ぶ。独立貴族を気取っていながら、権威に弱いところを露呈する。
    また生徒に対する愛情のバイアスがかかっているため、偏差値のデータを忘れ神風特攻隊のような非合理な精神で偏差値が高い志望校に玉砕しがちだ。「お前ならいける」と情熱が暴走する。

    しかも塾講師は言葉がうまくて強いし、「俺はお前のことを考えているんだ」という暑苦しい愛情をまとった殺し文句をかけるため騙されてしまう。長年世話になった個人塾の先生はいわば「腐れ縁」なので、言うことにはなかなか反対できない。

     

    学校教師塾講師、進路指導の参謀にするには一長一短がある。

    志望校の最終決断権は、受験生自身にある。


    『大学受験勉強法 受かるのはどっち?』
    (KADOKAWA)
    しがらみのない、胸をすくストレートな教育論!


     

    | 大学受験 | 17:16 | - | - | ↑PAGE TOP