猫ギターの教育論

尾道市向島の塾「US塾」塾長のブログ 早稲田大学・開成高校出身 本音が飛び交う、少し「上から目線」の教育論
kasami88★gmail.com
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
twitter
猫ギター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 社会は「点」でなく「線」で学べ | main | 中学校定期試験過去問をやらせる塾は八百長 >>
基礎力の正体は何か?
0

    勉強が苦手な子の勉強法を眺めていると頭を抱えてしまう。

    塾の自習室で中学校の定期試験対策を生徒の好きなようにやらせると、教科書丸写しとか小学生のような漢字練習とか、手を使うが頭を使わない勉強をしている。こんな勉強は知的作業でなく肉体労働である。ゲームでは頭を使うのに、勉強では頭を使わない。

     

    「基礎は大事だ」と誰もが言う。だが「基礎」という言葉を勘違いして解釈している子が多い。丸暗記で得た基礎は応用力がきかない。スパルタ塾で長時間拘束して詰め込んでも入試に対応できない。応用問題が解けてはじめて、勉強は完成するのである。基礎が肉体労働のまま終わってしまえば勉強の意味がない。

     

    例を挙げよう。

    英語の第5文型の典型的な文が

     

      Tom made her happy. (トムは彼女を幸せにした)

     

    である。第5文型は中学生が苦手なところで、ふだんhappyという形容詞ははbe動詞のあとにあったり、a happy boy みたいに名詞を前から修飾したりするのに、第5文型では文の最後に取ってつけたように置かれている。中学生には違和感しかない。例文暗記や簡単なドリルを繰り返せば、付け焼き刃的に例文は一応記憶できる。学校の定期試験にはこのレベルでも通用する。

     

    だが、入試問題はそんなに甘くはない。

    たとえば、次の文章の意味を中学生はなかなか理解してくれない。

     

      Helping the old woman made both Yuta and the old woman happy.

     

    目的語のher がboth Yuta and the old woman と長いから難解な文章になってしまうのだが、この文章、Tom made her happy.をただ丸暗記するだけの、頭を使わない勉強に固執してたら手が出ない。

    Tom made her happy.のような短い文でも違和感があったhappyが、長い文の最後に置かれることで、さらに取ってつけた感が増している。整序問題で出されると解けないだろう。

    だが、応用問題を意識して解き続けることで、迷うことなくhappyを最後に置く力がつく。真の基礎力は応用問題を解かないと定着しない。基礎と応用を繰り返してこそ、確信ある基礎力がつくのである。

     

    繰り返すが、基礎ばかりでは伸びない。

    塾でも昔ながらの中学生を長時間監禁し、気合と根性を唱え、中学校の定期試験の過去問を丸暗記させる、先生というより鬼軍曹と呼んだ方がいい講師が教えている塾は時代の遺物になりつつある。講師の力量のなさを生徒の根性で補い、基礎をタラタラ反復させ知的刺激のない塾では、たとえ高校受験は乗り切れたとしても、大学受験には勝てないのだ。

     

    逆に応用ばかりやるのはさらに悪い。大学教授のような数学の眠い難解な授業は、トップクラスの生徒には一定の支持があるかもしれないが、大部分の生徒には何の利益もない。知的刺激の恩恵は一部の生徒しか享受できない。基礎だけ繰り返すよりたちが悪い。基礎と応用の繰り返しを教える側も教わる側も意識しなければならないのである。

     

    落合博満が言ってたが、ふだんの素振りやバッティング練習で打撃フォームを固めていれば、試合で投手が投げる百戦錬磨の投球に、少々フォームが崩れても対応できるのだという。

    勉強も基礎でフォームを固め、どんどん実戦を繰り返し確信ある基礎力が身に付いたか試す工程が必要なのだ。

     

    変な比喩で恐縮だが、勉強ができるということは、空を飛ぶということだ。

    基礎で地べたを這っているだけではいけない、鳥や飛行機のように空を飛ぶ応用力があってこそ入試問題が解ける。

    だが、空を飛ぶには才能が必要なのも事実だ。誰もが空を軽快に飛べるわけではない。だが教える側も教わる側も、いつかは基礎力で助走をつけて飛ばねばならないということを意識しておきたい。意識一つで、ルーティンワークのような退屈な勉強から卒業できる。

     

     

    | 高校受験 | 21:07 | - | - | ↑PAGE TOP