猫ギターの教育論

尾道市向島の塾「US塾」塾長のブログ 早稲田大学・開成高校出身 本音が飛び交う、少し「上から目線」の教育論
kasami88★gmail.com
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
twitter
猫ギター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 中学校定期試験過去問をやらせる塾は八百長 | main | 子供にズルをさせない方法 >>
中1のおかしな勉強法
0

    ■中学生、定期試験前は塾でカンヅメ

     

    うちの塾では、中学校の定期試験前、勉強会をやる。

    勉強会といえばソフトな語感で聞こえはいいが、要するに塾にカンヅメでハードな試験勉強。試験前、週5回は塾に来てもらい、土日は1日8時間ほど「監禁」する。

    というのも、中学校の提出物は膨大で、締め切りに間に合わなかったり、字が雑だったりしたら内申点に響き、また正しいやり方で勉強しないとテストの点数が取れないからだ。また家はテレビやゲームなど誘惑が多く、幼い兄弟の相手で集中力が続かない子もいる。私の目の前で提出物をこなしてもらわないと、安心できないのだ。

    試験前の勉強会は、生徒同士の切磋琢磨の場である。

     

    保護者の方はよく「子供が勉強のやり方がわからないと言っています」という。だけど中学校では勉強は教えるが、勉強のやり方を教えないから、勉強法がわからなくて当然なのだ。中学校では試験前にはテストの範囲を書いたプリントを配るだけで、試験勉強は子供の自主性に任せている学校が多い。プリントには「しっかり復習しよう」「1日4時間は勉強しよう」と抽象的スローガンは書かれているが、具体的指示は少ない。「勉強のやり方」が我流に放任されている。

    たとえば部活では、子供たちは顧問の先生の前で練習し、顧問の先生が具体的指示を出す。練習を生徒に任せっぱなしの部活では強くならない。

    だから塾で、定期試験前に塾でカンヅメにして、私の目の前で勉強させ、やり方を懇切丁寧に教えなければならないのだ。

     

    しかし、4~5年前、ある中学1年生の子のお母さんから、1学期の中間試験前に、「試験前に塾に来なければならないのでしょうか? 家で勉強させたいのですが」という軽いクレームがあった。

    塾でのカンヅメ=強制というイメージがあったのかどうか、もっと自由でのびのびさせたい、ということなのだろうか?

    私は反論した。定期試験勉強は塾でやって下さいと。中1、しかも勉強方法が定まらない最初の中間テスト前に家で勝手に勉強させるのは極めて危険である。

     

    まず中1は「試験前には勉強する」という習慣がない。小学生で学校のテスト前に勉強した経験がある子は少ない。 

    中1には、テスト前にはテスト勉強するという、当然のことから教えなければならない。塾に通ってない子の中には、悪気なく無勉強で試験を受けてしまう子も多いのだ。

    「試験前には試験勉強する」という初歩の初歩から塾では教えなければならない。

     

    さて勉強会で、中1・1学期中間試験前、塾で子供に試験勉強をさせてみる。つい数か月前まで小学生だった子は、理にかなわないおかしな勉強法をする。今からいくつか紹介しよう。

     

    ■教科書丸写し

     

    間違った勉強で最も多いのが、教科書丸写しである。

    試験勉強しなさいと曖昧に指示すると、半分くらいの子は、坊さんの写経みたいに教科書を丸写ししている。女の子はきれいに色ペンを使い分けて丁寧に写す。こんなのは勉強ではなくデザイナーの仕事である。

    教科書丸写しは小学生時代の悪癖だ。典型的な例が漢字練習で、書いて書いて書きまくることが勉強法だと信じて疑わないし、また先生もそれを推奨してきた。教科書をただ写す手作業を勉強と勘違いする土壌は、小学校の漢字練習にある。

    「きれいな丁寧な字を何度も書く=先生にほめられる」という小学校時代の成功体験が中学生を束縛するから、ただ書くだけ写すだけの悪癖を踏襲してしまう。だから私が「教科書丸写しはやめなさい」と指示すると、いままでほめられてきた勉強が否定され、子供は意外そうな顔をするのだ。

    特に勉強が苦手な子は頭を使う勉強を嫌う。頭を使うより手を使う単純作業に逃げる。

     

    驚いたのは、ただの教科書写しではなく、数学の問題文を丸写しした子がいたことだ。

    数学の教科書に書いてある、「A,B,C,Dの4人でゲームをしたら、4人の得点の合計は5点であった。Aが11点で、B,C,Dの得点が同じであった。Bの得点を求めよ。」という問題文をノートに写している。しかも何度も。これには驚愕した。

    問題文を丸写しとは、なんという非生産的な時間だろうか。奴隷のように退屈な時間だと思うのだが、それを本人の意志でやっている。丸写ししている時、生徒の頭は完全に思考停止している。

    で、この勉強法をしていたのは、皮肉にも「家で勉強させたいのですが」と言ってきた保護者の子供だったのである。

     

    ■詰め込み暗記ができない

     

    詰め込み教育は批判されるが、実は、小学校では用語を詰め込む経験は少ない。暗記に力を入れている小学校は意外に少数派だ。小学校では読んだり書いたりして、自然に記憶させる方法をとっている。小学校の授業で暗記特訓する光景はあまり想像できない。

    根を詰めて暗記する経験が少ないのは、勉強が苦手な子だけではない。難関中学を受験する学力の高い子もそうだ。彼らは小学校の知識くらい、気合を入れなくても自然に記憶できる。

    だが、中学生以上になると、暗記には一種の気合根性がいる。中学高校と進むにつれ、暗記する単語用語が増えるが、記憶力は落ちる。どんな記憶力のいい子でも、自然に記憶できるわけではなくなる。

     

    暗記には気合といえば大げさだが、「さあ覚えるぞ」という念力のようなものがいるのだ。暗記は自然にできるものではない。暗記する意識が必要だ。中学校になりたての子にはそれがわからない。

    中1生の大部分は、詰め込み暗記未経験者なのだ。

    だからこそ、試験勉強中にわれわれ塾講師が、英単語や歴史用語や世界の国名などの暗記テストを頻繁行うことによって、書くだけじゃ意味ないよ、暗記するには一種の気合がいるものだよと尻を押し、さらに暗記するコツを教えることで、「詰め込み初体験」をつつがなく通過させねばならないのである。

     

    ■雑すぎる計算

     

    中学になりたての子は勉強法が雑である。勉強法を習得させるのは、子供の粗忽さとの戦いだ。

    英語はピリオドを抜かす、文頭を大文字で書かない、複数形と三単現のsを抜かす、homeworkをhome workと分けて書く、次から次へと現れるミスを指摘し、根気良く直す作業が必要である。

     

    中学生の粗忽さは、とくに数学の計算で顕著だ。まず計算が汚い。板書は濃い楷書体で写すのに、計算だけ薄い草書体。筆算の桁が揃ってなくて、サイケデリックなアートのように歪んでいる。

    また、計算が苦手な子は、まわりくどい非効率的な計算をする。たとえば、山手線で2分しかかからない東京から有楽町へ行くのに、秋葉原・上野・池袋・新宿・渋谷・品川と遠回りする非効率な計算をする。

    山手線だったら内回り外回り乗り間違えても目的地に着くが、他の鉄道だったらそうはいかない。東京駅で東海道新幹線と東北新幹線乗り間違えたら、博多に行くつもりが新函館北斗に飛ばされてしまう。

     

    下の計算は、中学生が間違う典型的な例だ。

    左のように、無理して暗算でやるからミスしてしまう。だが、右のように分母を添えるとミスの確率は格段に下がる。計算が苦手な子ほど途中の式を省き頭の中でやる。無理な暗算は暗愚への道だ。

    また分母を添えろと指示した瞬間は書く。だが目を離すと暗算に戻り再びミスをする。

    小姑のように口うるさく、粘り強く執念深く指摘し続けなければ治らない。塾講師はミスを減らすため、嫌われ者に徹すべき場面である。

     

    ■小学校内容が根本的にわかっていない

     

    だが、これくらいのミスなら傷は浅い。根気よく矯正すれば治る。

    だが、こういうミスはどうだろうか?

    まるっきり分数のたし算をわかっていない。ケアレスミスの範疇を超えている。傷が深い。分数を根本からわかっていない。口の悪い指導者だったら「小学生の時、何をしていたんだ」と悪態の一つもつきたくなる。

    こういう致命的な間違いを見つけた場合、一刻も早く小学校の内容を復習する必要がある。これは絶対に自学自習では不可能だ。プロの診断とサポートが必要な局面だ。

     

    余談だが、公文が強いのは、学力別プリントを与えることで復習が可能なことである。子供の学力にあった勉強ができる。学力と一致しない勉強は、サイズの違う靴を履いているみたいで違和感がある。公文の長所は、復習をシステム化しているところだ。

    ただ一つ問題なのは、理解力が足りない子は、もう一度機械的に反復しても理解するとは限らない、ということだ。

    たとえば、中1が小5の分数の約分ができない時、復習しても理解できない子がいるのも事実である。小5から中1に身体的に成長したからといって、頭脳的に成長したとは限らない。こんな時こそ、理解させるのに講師のワザがいる。正攻法でダメなら別のやり方を試す。試行錯誤は一対一の師弟関係だからできる。教育がAI化、システム化できず、人肌のぬくもりが最終手段にならざるをえないのは、この辺に理由があるのだ。

     

    ■答え合わせが甘い

     

    学校の提出物は、答え合わせし、間違えた箇所を暗記して本番に備えるのが勉強方法の鉄則である。

    だが勉強に慣れない中1は、答え合わせをしても正解を機械的に赤で書き込むだけで、そもそも答え合わせをしない子もいる。これでは勉強しない方が良い。

    間違えた問題は「宝物」であり、間違いをブラックリスト化し、リストを粛々と記憶に残す作業が試験勉強だ。間違った場所を深刻に受け止め、2度と同じ間違いを犯さないよう緊張感を自分に課し続けることで、高得点への道は開ける。完璧主義でかつ悲観主義、間違いに神経質になる子ほど成績は高い。

     

    勉強は常に、試験本番を想定したものでなければならない。本番でミスしないための試験勉強だ。だが、中1になりたての子は、中間期末試験の経験がないため、本番の試験の感触がわからない。だから試験勉強にも甘さが出る。本番で痛い目に合ってはじめて、浅い勉強では点が取れないことに気づくのだ。

    だが塾側としては1学期中間試験でよいスタートダッシュを切らせたい。失敗してから学べと悠長なことは言えない。だから最初から口うるさくなる。

    対策方法として、過保護かもしれないが、勉強方法の下手な子は、最初は講師が手取り足取りで答え合わせをする必要がある。いちいち間違った問題を暗記させてテストをする。自力でできるまで他力で勉強パターンを、まずは二人三脚で覚えてもらうのだ。この過程が自分一人でできるまで執拗に手ほどきをする。

     

    答え合わせに関して困ったことが一つあって、それは、生徒に解答を渡さない学校の先生がいることだ。おそらく子供が安易に解答を見て、中には解答を丸写しする子がいるから防止策というのはわかるのだが、解答がないのに勉強しても仕方ないと思う。

    真剣に勉強する子、知的好奇心が高い子は、解答を直ちに見て正解かどうか確かめたい欲求が強い。テレビのクイズ番組で、司会者が解答を教えてくれないまま番組終了したら視聴者はフラストレーションをためるだろう。解答を渡さない先生は、子供の健全な好奇心に蓋をし、答え合わせをせず勉強をやりっ放しにする悪癖を助長している。

     

    ■過剰すぎる徹底反復

     

    勉強が苦手な子は、簡単な問題を過度に反復する悪癖がある。わかりきった計算問題を十数回も繰り返す。極端な話、1+1ばかり繰り返しても力はつかない。

    ピーマンやニンジンが嫌いな子供が手を付けないように、難しい問題を避ける。頭を使う局面を極力逃げる。

    陰山英男氏が提唱する徹底反復は大事である。子供が勉強を理解できないのは反復が足りないから、繰り返せば無意識に問題が解けるレベルまで達するという考え方は正しい。

    だが、ものには限度がある。

    中学校の定期試験の数学の比率を、訓練で解ける基礎的な問題が60%、文章題など応用問題が40%としよう。ということは、基礎的な問題ばかり反復していてもMAX6割しか取れない。100点満点のテストなのに、60点しか狙わないことになる。

     

    ここでまた余談だが、公文の怖さは徹底反復にある。計算を反復し計算が得意になり、学年レベルを超え、中1なのに高校レベルに達する子もいる。本人も周囲も、

    だが、それで数学ができると勘違いしてしまいがちなのだ。で、中3の入試前に過去問を解いて、応用問題ができない事態に遭遇する。

    高校の微分積分の計算だけなら、中1でもコツを教えれば解ける。だが生徒を不合格にしようと悪意を秘めた入試問題は、計算技術だけ発達した子には解けない。図形や関数や方程式や場合の数は別の種類の「頭の良さ」がなければ解けない。計算力とは別次元の力なのだ。高校レベルの計算ができるから数学ができると勘違いし、対策が遅れるがちになるのが公文の欠点である。

     

    ■勉強のやり方をすぐに忘れる

     

    さあ、勉強会で過保護のように勉強のやり方を直す。うまくいった。だが、しばらく放っておくと、目を離したすきに勉強のやり方が元に戻っているのである。教科書写し、雑な計算、とっくに理解している問題の機械的反復、せっかく教えた勉強法が身につかず、元に戻っている

    そういう時には、さらに繰り返し教えなければならない。何度も繰り返すうちに語気は強くなる。声を荒げることもある。忘れやすい子には忍耐力も必要だが、強い言葉で刺激を与えることも必要なのである。

     

    ----------------------------------------------------

     

    以上、中1のおかしな勉強法を紹介した。中1になりたての試験勉強会がどれだけ大切で大変かおわかりいただけたかと思う。

    ただ、読んだ方は一つの疑問があるだろう。なぜ、最初に正しい勉強法を指示しないのか、指示しておけば、おかしな勉強法をすることもないのではないかと。

    だが、正しい勉強法のルールは数百以上あるし、最初にズラズラ紹介しても六法全書を記憶させられるみたいで、かえって子供は大混乱する。

    また子供は、塾講師歴30年の私でも想定外な間違いを犯す。

    だから、俳優の演技にダメ出しする映画監督のように、子供の勉強方法をいちいち「違うだろ」と否定する方法をとるのが最善の方法である。教える側、教えられる側、双方に根気がいる作業である。

     

    勉強法は、野球でいえばピッチャーやバッターのフォームに似ている。良いフォームだとキレのある球が投げられ、鋭い打球が飛ぶ。コーチの仕事は選手のフォームの矯正にかかっていると言っていい。

    だが最後までフォームの矯正ができず、プロ野球を去る選手はあとをたたない。同じように正しい勉強法を知らずに勉強の道からドロップアウトする子は多い。勉強法の習得は、子供が最初に手をつけねばならないことである、

    勉強法とは型を作ること、一種の芸事である。芸事は執拗でないと上達しない。

     

    試験前の勉強会こそ、「勉強のやり方がわからない」子供を救う絶好の場なのである。

     

     

     

     

    | 硬派な教育論 | 20:48 | - | - | ↑PAGE TOP