猫ギターの教育論

尾道市向島の塾「US塾」塾長のブログ 早稲田大学・開成高校出身 本音が飛び交う、少し「上から目線」の教育論
kasami88★gmail.com
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
twitter
猫ギター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 一人暮らし大学生の優雅な日曜日 | main | ジュリーはきれい >>
中学理科の完璧な問題集見つけた
0


    kamiesu先生がご紹介された、森の実出版の「オリジナルテキスト」を、私も利用している。
    「オリジナルテキスト」を発掘した時は「しめた!」と狂喜したものだ。

    塾講師たるもの、一度は自作のテキストを作りたい衝動に駆られるが、私は生来の面倒くさがり屋で、しかも悪い意味での完璧主義なので、完全なテキスト作りができないと途中で投げ出してしまう。
    またわざわざ自作しなくても、塾用教材には「オリジナルテキスト」をはじめとして素晴らしいものが数多くあり、精魂込めて作っても自己満足で終わる危険性が高い。
    手作りのパンなんて、なかなか上手に焼けるものではない。それより腕自慢の職人がいるベーカリーで買ったパンの方が、遙かに香ばしく美味いのと同じことである。

    ところでいま、中学校理科で「マイブーム」のテキストは、JESの「実戦問題集」である。去年の中3から使用を開始した。

    「オリジナルテキスト」と同様、塾の現場の先生による、手作り度満点のテキストである。
    問題は平易なものから入試問題の歯ごたえのあるものまで、急に難しくならないようスロープ状にうまく編集してあり、ものすごく授業がしやすい。
    また類題が「これでもか!」としつこく掲載されており、これ1冊あれば他にあれこれ演習プリントを刷る必要がないので便利である。



    中学生用テキストの中には、ただ過去問を切り貼りしただけだったり、「こんな問題出るかよ」と現場の声を無視した頭でっかちのテキストがたくさんある。
    その点「オリジナルテキスト」や「実戦問題集」は、無駄な問題が丁寧に排除され、またkamiesu先生ご指摘の通り「このテキストで絶対に勉強ができるようにしてやるぞ」という作者の執念が紙面に満ちている。

    昨年の高校受験で、私はこの「実戦問題集」にどれだけ救われたことか。
    最近子供の「理科離れ」が進んでいるが、その理科離れの申し子とでも言うべき、理科が破滅的に苦手だった中3の子が3人いたのだが(どれも女の子)、このテキストを反復させたおかげで、理科が得意とはいかなくても、足を引っ張らない成績を取らせる事に成功した。

    「オリジナルテキスト」の理科もいいが、「実戦問題集」はチャート式のような構成が見やすく、また「オリジナルテキスト」の空欄補充問題は教科書の穴埋め問題のように、どんな言葉を入れたらいいか教師でも迷う場合があり、その点「実戦問題集」は曖昧な箇所がなく、ストレスを感じないで演習を進めることができる。

    ところでこの「実戦問題集」は全科目揃ったシリーズ物ではなく、科目は理科しかない。理科オンリーの教材である。
    この「理科しかない」という所に、強い信頼を覚えるのである。

    よく地方都市には、うなぎも天麩羅も蕎麦も寿司もカツ丼も和食なら何でも置いてある店があるが、それより天麩羅なら天麩羅の、蕎麦なら蕎麦の専門店の方がたいてい味は良い。「実戦問題集」は理科専門店の味がする。

    おそらく、「実戦問題集」はある塾の先生の自作テキストを、出来栄えに自信があったので思い切って出版したものではないか。
    この「実戦問題集」を出版した先生の自信は正しい。これは広範に知られなければならない、素晴らしい問題集である。




    2014年7月発売の、私が書いた勉強法の本「難関私大・文系をめざせ!」
    大学受験の英語・国語・社会の勉強法と、現場で成功をもたらした参考書紹介の本です。
    ユニークな塾生たちの合格体験記も掲載。熱い本。

     
    | 高校受験 | 21:45 | - | - | ↑PAGE TOP