猫ギターの教育論

尾道市向島の塾「US塾」塾長のブログ 早稲田大学・開成高校出身 本音が飛び交う、少し「上から目線」の教育論
kasami88★gmail.com
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
twitter
猫ギター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 田村裕「ホームレス中学生」 | main | 教室には「磁場」が必要 >>
ミシュラン東京版、星の濫発か?
0
    レストランのガイド本「ミシュラン」東京版が発売された。3ツ星レストランはフレンチ・和食・寿司を含めて8軒にのぼったと言う。

    2ツ星と1ツ星を含めて、星を付与されたレストランは全部で150軒。星の数の総数は191個。これはパリの97個、ニューヨークの54個より大幅に多いという。

    1つ星以上のレストランが40軒と、東京の3分の1しかないロンドンの料理は、ミシュランからあまり高い評価を得ていないみたいだが、イギリスの新聞では、「世界で最もおいしい都市は東京になった」と評価する一方、東京の星の数の多さを疑問視する論調もあったそうだ。

    では、本当に世界で一番食事のうまい町は東京なのか?
    それともイギリス人の指摘どおり、星の濫発なのだろうか?

    私はフレンチの味については、そんなに食べ歩きをしたわけではないのでよくわからない。今回三ツ星レストランに選ばれた銀座のロオジエの料理が、パリの三ツ星レストランに比べて遜色ないのかどうか、比較したわけではないから何も言う事はできない。

    また、東京のエスニックを中心とした各国料理レストランのバリエーションは幅広いが、ニューヨークもパリもその点では事情は同じで、ニューヨークの移民街ではウクライナとかミャンマーとかチリとか、国連加盟国すべての料理が揃っていると思えるぐらい、様々な国の料理が食べられる。東京だけがエスニック料理が突出しているわけではない。

    しかし東京には、何と言っても日本料理がある。和食は奥が深い。それに和食1つにしても、天麩羅・寿司・うなぎ・懐石・ふぐ・すっぽんなど、様々なジャンルがある。そんなジャンルの料理1つ1つを丁寧に評価すれば、星の数が膨大になるのも無理はない。全盛期のヤンキースみたいな層の厚さだ。

    また日本の主婦の料理の腕は凄い。驚くほどさまざまな国の料理が作れる。
    和食・洋食・中華・エスニックと、アラブの王様のお抱えコックみたいなレパートリーの広さだ。
    今日は和風の煮物で、次の日の昼は韓国のビビンバ、夜はロシア料理のビーフストロガノフ。あさってのお昼はイタリアのパスタで、夜はタイのグリーンカレー。こんな食生活を送っている民族はあまりいない。

    毎日硬い肉と揚げたイモと甘ったるい菓子ばかり食っている、味に保守的で食べ慣れた物しか頑なに食おうとしない田舎のアメリカ人のような人達とは対照的に、日本人はどんな国の料理でも、うまければ積極的に受け入れる柔軟性がある。他の国の人から見たら、日本人は庶民でも家庭で王侯貴族のような食生活をしているように思うだろう。

    そんな、家庭で毎日うまいものを食っている日本人が行くレストランの味が悪かろうはずがない。日本では飲食店で絶望的なほどヒドイ料理にお目にかかる機会は少ない。
    外国では、エサやゴミと呼んでいいくらい、一口も食えないような食べ物を平気で出すレストランがざらにあるのだ。

    日本人は舌が肥えていて、レストランの層は海外の諸都市に比べて格段に厚い。ミシュランの覆面調査員も、おいしいレストランが多いので、ついつい星の数を増やしちゃったというのが、本当のところではなかろうか?



    JUGEMテーマ:グルメ
    | 旅行食べ物 | 00:20 | - | - | ↑PAGE TOP