猫ギターの教育論

尾道市向島の塾「US塾」塾長のブログ 早稲田大学・開成高校出身 本音が飛び交う、少し「上から目線」の教育論
kasami88★gmail.com
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
twitter
猫ギター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 桃屋の悲劇 | main | 注射器を持って来た小学生 >>
高校受験社会・直前の1冊
0


    中3は公立高校受験まであと2ヶ月、もし私が「受験カウンセラー」で、公立高校を受験したいのだが、社会の暗記事項を一気にやりたい、何かいい問題集がないかと尋ねられたら、躊躇なくこの一冊を推薦する。

    オリテキ「S−Road」(森の実出版)である。

    姉妹版の「オリジナルテキスト」は、塾業界で大人気のテキストだが、社会は地理・歴史・公民の3分冊で、直前にこなすには量が膨大すぎる。

    その点「S−Road」は、地理・歴史・公民のエッセンスをギュギュッと1冊にまとめ、おまけに公立対策用のちょっとした応用問題もついていて、3回も反復すれば、社会については合格圏内に達すると断言する。

    「オリジナルテキスト」シリーズの良さは、基礎から応用までスロープのように、なだらかに問題の難易度がアップしていることである。だから根気さえあれば、挫折する可能性は低い。自学自習も可能である。

    「オリジナルテキスト」の単元の最初は、こんな選択問題になっている。



    選択問題のあとは、選択肢なしの一問一答に代わる。



    選択問題はカーナビのように目的地への道を教えてくれるが、逆に一問一答では自分の記憶を頼りに自力で目的地に着きなさいと突き放す。甘えさせたり突き放したりで、中学生の心理を読んだ編集が心憎い。
    選択問題と一問一答のしつこい繰り返しで、暗記事項が受験生の頭に確実にインプットされる。

    それに加えて「S−Road」には、公立高校受験に絶対必要な統計問題対策のページもある。





    「S−Road」は、公立高校の問題で高得点を上げるにはどんな訓練をすればいいのか、ノウハウの想像力に満ちている。

    高校受験に関して、塾用教材の充実度は市販の問題集と比べて大幅に勝る。「S−Road」で暗記事項を、「記述のコツ」で論述問題を二頭建てでこなせば、社会の得点は大幅にアップするに違いない。


    JUGEMテーマ:学問・学校
    | 高校受験 | 10:44 | - | - | ↑PAGE TOP