猫ギターの教育論

尾道市向島の塾「US塾」塾長のブログ 早稲田大学・開成高校出身 本音が飛び交う、少し「上から目線」の教育論
kasami88★gmail.com
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
twitter
猫ギター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 飲酒運転と車道沿いの居酒屋 | main | 話し下手ほど良い講師 >>
ハルキに夢中(ハルヒじゃねえぞ)
0

    村上春樹「1Q84」を読んでいる。

    読んだ感触は「ダンス・ダンス・ダンス」とどこか似ている。30代の孤高の男性に、10代の問題を抱えた女の子のコンビという、登場人物の設定が同じだからだろうか。

    「ダンス・ダンス・ダンス」は「ノルウェイの森」の直後に発売された。「ノルウェイの森」は万人に受けられられた小説だが、「ダンス・ダンス・ダンス」は奇妙な登場人物が多いし、現実世界より少し風景が歪み、「ノルウェイの森」で得た読者を、どこか排除するような小説だった。

    私が最初に読んだ村上春樹の本は「ノルウェイの森」だが、幸いなことに「ダンス・ダンス・ダンス」の世界も大好きになり、排除されずに踏み止まったので、過去にさかのぼって「風の歌を聴け」「1973年のピンボール」「羊をめぐる冒険」「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」と読み進めることができた。

    ところで村上春樹の小説は、登場人物も背景も、現実世界と少しだけ歪んでいる。現実と虚構の中間地点をさまよっている。
    絵画ならセザンヌに似ている。正確な描写のように見せかけながら、構図がどこかずれている。人工的な意図した構図の中で、どこか規格から外れた人物が動き回る。


    ただ、構図はピカソのように飛躍したりはしない。リアルな現実と7度ぐらい空間が歪んだ微妙なラインにとどまる。だから写実的な小説として読むと変化球だし、ファンタジーとして読めば現実が降りかかる。
    今回の小説で言えば、「1Q84」という「9」ではなく「Q」を使ったタイトルに、微妙かつ絶妙な歪みが象徴されている。


    そして村上春樹の小説は構図が歪んでいて、一歩間違えれば難解な世界なのに読みやすい。物語のスピード設定が絶妙なのが一因だろう。
    読者は自分の心臓の鼓動、血の循環の速度と同じスピードで読み進めることができる。推進力は意図的に抑えられ、速すぎず遅すぎず独特のペースで読める。


    たとえば、推理小説のように謎解きがメインになると、読者の読むペースは必然的に速くなる。早く結末を知りたいから焦って読み方が雑になる。
    重罪を犯した被告人が、死刑か無期懲役か判決内容が早く知りたいから判決文を上の空で聞いてしまうように、推理小説はストーリーを読み飛ばしがちになり、頭にグリップしない。


    「1Q84」にも推理小説的な要素を持ち、あれこれ謎が散りばめられている。しかし基本的に村上春樹の小説は、推理小説のように謎解きや結末を知りたくて、焦ってページをめくるタイプの小説ではない。終始一貫'Walk don't run.'のペースで読み進めることが可能だ。


    物語の「未来」を一刻も早く知りたいけど、「現在進行形」で繰り広げられる場面の充実が、読むスピードを抑える。
    メトロノームのように正確に設定された速度が、ファンタジー一歩手前まで踏み込んだ、とっつきにくい微妙に歪んだ世界を描きながらも、村上春樹の物語に安定感をもたらし、適温な物語世界にずっと浸っていたいと読者に感じさせるのである。


    ところで、村上春樹は60歳、もはや老作家の年齢である。私にとって村上春樹は永遠の38歳で、海岸で短パン姿で猫と戯れながらビールを飲んでいるイメージが抜けない。


    60歳といえば谷崎潤一郎が「細雪」、川端康成が「古都」を書いた年齢だ。志賀直哉は大家として悠々自適の余生を送っていた。ちなみに森鴎外が死んだのは60歳である。
    もちろん芥川龍之介や太宰治や三島由紀夫や石川啄木には「60歳」という年齢の経験はなく、天寿を全うした感のある夏目漱石も49歳で死んでいる。


    「1Q84」は若々しい小説である。60歳の小説家が書いたとは思えない。村上春樹嫌いの人にとって「1Q84」は、最近のキムタクのドラマみたいな「若作り」の小説なのかもしれないが、60歳でこんなに年齢不肖な若々しい小説を書けるのは、すごい筆力である。



    村上春樹関連項目

    村上春樹「1Q84」
    村上春樹「エルサレム賞」スピーチ
    村上春樹は青少年には危険思想
    村上春樹から受験生へ励ましの言葉
    罵倒した生徒に逆ギレされた教師

    | 読み応えのある本 | 19:10 | - | - | ↑PAGE TOP