猫ギターの教育論

尾道市向島の塾「US塾」塾長のブログ 早稲田大学・開成高校出身 本音が飛び交う、少し「上から目線」の教育論
kasami88★gmail.com
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
twitter
猫ギター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 長崎・軍艦島へ行く | main | つまらない授業から逃げ出したい >>
毒舌小論文作文指導
0

    私は小論文や作文の添削が大好きで、結構塾では作文の時間を取っている。おかげでうちの塾では論文重視の大学受験、高校受験の推薦入試は強い。

    作文指導中に生徒の文章を見ると、頭の中から口汚い罵倒の言葉がバンバン出てくる。

    「ねえ、それ書いてて面白い? オレは読んでてちっとも面白くないよ」

    「15年生きてて、これしか書けないの? つまらん人生だねえ」

    「語尾が「のだ」「のだ」の連発。しつこい。キミはバカボンのパパか」

    「文章の構成メチャクチャ。流れが気持ち悪い。象の頭に牛の身体に蛇の尻尾がついたような文章だな」

    「段落変えすぎ。何で400字の原稿用紙に、形式段落が11個もあるの?
    君は西村京太郎か? 赤川次郎か? 段落多過ぎると文章が薄くなるぞ」

    「ねえ、試験官は100枚も200枚も論文読むんだよ。100枚も200枚も読んだらウンザリするだろ。お前の文章もそんなウンザリの1枚。試験官に「お〜、これはモノが違うネェ」と目覚めさせる文章書いてみろよ」

    「いい子ぶるな。面白くない。もっと裸になって書け」

    「これは逆に裸になりすぎ。抑えろ。型に個性を無理して押し込めろ」

    「君の作文何枚も見てるけど、マンネリ。読んでて「またか〜」と思ってしまう。視点を変えろ。視座を据え直せ」

    「文章が平坦すぎ。これじゃあ読み流されてしまう。ドカンと一発比喩をかませ。読者にパンチを喰らわせろ。ただ、比喩は使うとくどくなる。一発、極めつけのヤツをかませ」

    「文章は書き出しが命。書き出しがつまらなかったら誰も読まないぜ。文章はスタートダッシュが肝心」

    「面白い文章だ。小説化の素質がある。ただ個性が強すぎ。ユニークすぎて変人オーラが出ている。15歳の無垢な少年少女に成りすまして書け。一応公機関に提出する文章なんだから、アクを抜け」

    「抽象論ばかりの文章はつまらない。もっと具体的に、自分の体験を入れろ。自分は面白い体験しているとアピールしろ」

    「文章がガキ。高等学校には精神年齢が小学生のヤツはいらねえよ」

    「ナルシストの典型。鏡を見つめてウットリみたいな文章書くな」

    「ケータイ小説の読みすぎ。小論文とは方向性が違う」

    「語彙が少ない。古めかしい言い方すると「ボキャ貧」です。難しい言葉を使うとカッコいいという美意識を持て」

    「『環境問題は大切です』『高齢化問題は僕たちの力で解決しなければならない』なんて偉そうに書いてるけど、ホントにそう思ってるの? 嘘くさいぞ。この作文からは全然伝わってこない。ふだん無関心なことを、さも自分の悩み事みたいに書くとボロが出るぜ」

    こんな罵声語を、オブラートで十重二十重にくるんで、作文指導をする。



    ただ、生徒の文章力を伸ばすのは、もちろんほめるのが一番。
    よい文章だったら多少大袈裟にほめまくる。
    「よく書けたねえ」と大笑いして、「よし、またいい文章書いてやる」と、やる気にさせる。
    文章は、おだてられて上手くなるのだ。




    ★開成塾・高校受験
    尾道市向島・北高・東高をめざす塾




    関連記事

    国語は「話し上手」より「聞き上手」
    http://usjuku.jugem.jp/?eid=490

    歴史用語は漢字で書け!
    http://usjuku.jugem.jp/?eid=586

    「大村はま」はRockだ
    http://usjuku.jugem.jp/?eid=767

    | 国語力!作文力!読書力! | 21:23 | - | - | ↑PAGE TOP